【私たちのこと】

 はじめまして!〜スタッフ紹介〜


私たちは「すべての人が自分らしく生きるため」の応援団です。

インプロを用いた手法で、大人から子どもまで/ビジネスマンから子育てママまで、

幅広い方々を対象に、元気になるコンテンツや「場」を提供しています。    

 絹川友梨  小里 歩  廣瀬日美子  淡路たみ  とも助   リン・ピアス

 (代表)  (制作)  (遊ぼう会制作グループ) (お手伝い) (特別顧問)



3つの「場」- Mission Statement -

すべての人の「自分らしさ」が尊重される社会づくりのために、、。

私たちは「場」を企画/提供します。

 

1)「尊重を約束された」場
どんな人も発言できて、どんな意見も聞いてもらえることが約束されている場

2)「挑戦」できる場
失敗をおそれず、ユーモアをもってトライできる場
 
3)「クリエイティブな可能性」の場
自由に創造力を広げ、発表することのできる場

 

      会社概要と実績はこちらへ

 


ポリシー -Three Policies-

以下のポリシーをもって活動しています。

1) Yes And

 「イエス・アンド」の精神で多様な価値観を尊重し、

  価値ある活動を積極的に行います。

 

2) Professional standard as the pioneer

  多角的な視点をもち、

  国際的で高い水準のコンテンツを提供します。

 

3) Have fun!

  ユーモアを忘れず、人間の可能性を信じて、

  既成概念にしばられない活動をしていきます。

 

プライバシーステイトメントへ

 


【初めての方へ】

インプロってなに?

Improvisation(インプロヴィゼーション)の略。

日本語では即興という意味です。

 

演劇・音楽・アートなど芸術分野における表現手法のひとつで、

台本なしでその場で創作すること。ここでは「即興演劇」のこととして用いています。

 インプロはもともと俳優のトレーニングとして開発されたものですが、

現在ではエンターテイメントとして教育のツールとして(応用インプロ)2つの方向で発展をしています。

 

 

エンターテイメントとしての広がり

西欧を中心にさまざまな国でインプロの公演が行われています。国際フェスティバルも頻繁に行われています。これはバビロン国際インプロ・フェステイバルにおいて、世界で唯一インターナショナル・インプログループ「オーカスアイランドプロジェクト」の公演写真です。

応用インプロとしての広がり

インプロの考え方やエクササイズを応用して、教育・福祉・ビジネスなどに活かす活動のことは「応用インプロ」と呼ばれています。代表的な国際グループはApplied Improv Networkで、現在5000人のメンバーが加入しています。