目次:キヌガワぶろぐ

日々かんじたこと、かんがえたこと、ざっくばらんに書きつづっています。

ときに真面目に、ときにお馬鹿に、ときに重く、ときに軽く。

できるだけ飾らずにとおもっています。


高校生100人WSプロジェクト_2_アシスタント募集

100人の参加者に対応するためには、

ファシリテーター1人では難しいので、

アシスタントを募集することにしました。

 

でも誰でもいいというわけではありません。

アシスタントの役割を理解して、

参加者にこころを寄せることができる人。

 

こう書いても

「それなら私・僕にもできるよ〜」と思う大人は多いかも。

 

一見簡単そうに見えるんですよね、アシスタントは。

 

しかし20年の経験から言うと、

アシスタントに向いている人とそうでない人がいるみたいです。

 

どんなに当人が

「高校生のお手伝いがしたい」

「ワークショップを学びたい」と思っていても、

実際の行動は真逆だったりする場合もある。

  • 参加者を見ていない
  • 自分だけが楽しんでしまう
  • 楽しみすぎて自分を見失ってしまう
  • 参加者の表現を待つのではなく、
  • 「こうすれば」と答えを与えてしまう
  • いつの間にか、参加者はその人の指示を仰ぐようになる
  • 結果的にその人が参加者より目立ってしまう

本人に自覚がない場合、

ワークショップという参加者が主役の場が

いつの間にか、アシスタントが主役。

になってしまいます。

 

本人はきっと

「役に立ちたい」とう気持ちで関わってくれたと思います。

しかし結果的にはそうでない行動をしてしまう。

そういうケースも多々みてきました。

 

さらに

アシスタントに向いている人が

かならずしも、ファシリテーターに向いているかというと

そう言い切れないところもあります。

 

上記の方のように

アシスタントには向かないけれど

 

リーダー的な立ち位置だと、自分の良さを発揮できるとか、

ワークショップというより、自分の意見を明確に打ち出す必要のある「演出家」の立ち位置だと、人に感謝される存在でいられるとか

そういう方々もいらっしゃいます。

 

いずれにしても

人選は大事な作業。

 

今回は以下のような文面で募りました。

 

絹川のやり方に賛同してくださり、

Co-クリエイティブな関係で関わってくださる方。

演劇ワークショップのファシリテーター経験者もしくは将来演劇ワークショップのファシリテーターをやりたいと考えている方。

経験ある無しよりも、真摯に高校生と向き合う気持ちのある方・彼らの声を聞きたいと思っている方を希望します。

逆に「ワークショップはお金儲けになるから」「研究対象として利用したい」などセルフセンタード(自己中心)の理由の方は、今回は目的がそぐわないと思います。

 

どんな方々が集まってくださるかな???

 

高校生100人WSプロジェクト_1

続きを読む

媚びて待つだけの時間(昔話)

始まったばかりなのに、2019年の予定は12月まで決まりつつある。まだ1月だというのに、めちゃくちゃ忙しくなること決定。

 

そんな中、かつて私には全く仕事がない時期が長くあった。

誰からも仕事を依頼されない。

誰からも必要とされていない。

自分の代役なら山ほどいる。

そういう時期を長く過ごした。

 

媚びて待つだけの時間。

 

「この時期があったから今の自分がある」

なんて口がさけてもいえないさ(苦笑)。

 

そんな時代のことを思い出したので、

ちょっと書いてみました。

 

続きを読む

人気のうなぎ屋さん。

わたしが住んでいる町には、人気のうなぎ屋さんがある。

カウンターだけで15席。

 

うなぎ屋さんなので、うな重とかもあるのだけれど、

むしろうなぎの部位を串で注文できるし、

居酒屋さんみたいにお刺身やつまみもある。

ちゃんと美味しい。

しかも値段が素敵。

 

うなぎ1串300円

ぶりのお刺身300円

お酒(グラス)300円

 

四時から空いてて、すぐに満席になって、

八時には閉店してしまう。

 

最近の日本ではめずらしく、

まだ下町の雰囲気が残っていて、

気さくな常連さんたちが飛び入りを歓迎する。

 

うちの夫は人気ものだ。

みんな日本語で英語で話しかけてくれる。

 

昨晩は今年初めて顔を出した。

やっぱり話かけてもらって、

夫も勇気を出して、日本語で「ひれ1つ、きも1つ」と

注文することができた。

 

しかも昨晩は、うなぎやさんで知り合ったお客さんたちに誘われて、近くの中華屋さんで紹興酒。

 

そこにうなぎやさんのご主人や働いている人たちがやってきて、しばらく飲んでいたけれど、「次に行こう!」というノリになり、タクシーで小さなステージのあるお店に。

 

なんと、うなぎやさんのご主人の趣味はギター。

彼が弾くギターとうなぎやさんで知り合ったお客さんがたたくドラムをバックにみんなで生カラオケ。

 

 

うなぎやさんで知り合った名前も知らない人たちと

「時代」とか歌ってる。

 

人気のうなぎやさんおそるべし。

 

お酒が強い夫も、帰りの足取りはフラフラだった。

 

 

 

 

 

仕事はじめ

今日から仕事がスタートします。

最初の仕事は、東京大学の授業。

これからはじまりま〜す!