【Trainers】講師陣

絹川友梨(きぬがわゆり)

絹川友梨

俳優/インプロバイザー(即興演劇パフォーマー)/インプロ・ワークス(株)代表取締役

 

オークランド大学院人文科学部演劇科修士課卒業(主席)

玉川大学教育学部教育学科卒業

 

 

大学時代より演劇を始め1996年に主演映画「Memory and Desire」(日本未公開)でストックホルム国際映画祭主演女優賞/ニュージーランド・ベスト外国人パフォーマー賞を受賞。1994年に即興演劇(インプロ)に出会い、インプロ・ワークスを設立(2009年法人化)。即興演劇の手法を用い、教育/ビジネス/福祉分野などで、コミュニケーション/プレゼンテーションスキルを指導。国内はもちろんのこと、アメリカ・ヨーロッパ・オセアニアなどでも活動を展開、国際的プロフェッショナル・インプロバイザーである。

 

東京大学特任研究員 青山学院大学客員教授 玉川大学非常勤講師

お茶の水女子大学ゲスト講師、桐朋学園短期大学非常勤講師

一般社団法人エチケット・サービス向上協会理事

日本演劇教育連盟会員、国際演劇協会会員。

The Applied Improvisation Network 会員。

実績はこちらへ

書籍はこちらへ

ブログはこちらへ

俳優としてのプロフィールはこちらへ


廣瀬日美子(ひろせひみこ)

廣瀬日美子

インプロヴァイザー・ファシリテーター・プロデューサー

 

短大卒業後、劇団「希望舞台」に参加。女優として全国を公演する一方劇団プロデュースも手がける。絹川友梨に師事、本格的にインプロを学ぶ。「即興を遊ぼう会」の立ち上げ当時から参加、制作を担当している。企業研修、教育、福祉などさまざまな分野で“自分を知り、自分と出会う”インプロの魅力を伝えている 

講師歴:女性就職支援センター・群馬県太田フレックス高等学校・NPO法人生き活き元気塾・港南いきいきプラザ・青山いきいきプラザ・引きこもり支援者のための全国大会・NPO文化学習協同ネットワーク・ビジネスインプロトレーニング講師など


落合由人(おちあいよしひと)

インプロヴァイザー・朗読家・制作プロデューサー
早稲田大学第一文学部東洋哲学専修卒業。


学生時代から演劇活動を始める。1999年から絹川友梨のワークショップに参加。明石光弘らとともに即興集団E.D.Oを結成。
2008年からは「Long Form Project(LFP)」に参加。ひょうひょうとした演技で、潤滑油のような役どころが好評。また前説やMC、トークの司会など、観客との直接のやりとりを得意とする演劇プロデューサーでもある。IT企業でのマネージャ経験を活かして企業研修講師としても活動している。


講師歴:ミツヤプロジェクト俳優実践科・ワーサルシアター・ワークショップシリーズ・演劇部向けワークショップ・ビジネスインプロトレーニング講師など


特別講師


島崎真弓(しまざきまゆみ)

LongForm Project / neo garage kid.主宰

島崎真弓

インプロヴァイザー・演出家・劇作家・俳優
大東文化大学文学部日本文学科卒業。


高校時代より小劇場で活動の後、1999年より創作ユニット「neo garage kid.」を主宰。同年より日本インプロの第一人者である絹川友梨に、2007年よりアメリカ・シアトルのインプロ劇団「Unexpected Production」のランディ・ディクソンに師事。2008年「Long Form Project」を立ち上げ、継続的に即興パフォーマンスを発表。講師としては「その人らしく、自発的に、ありのままに」を大切にしたしなやかな ワークショップで人気を博している。


講師歴:(財)地域創造・富山県女性財団・女性就職支援センター・日本児童劇作の会・フジテレビ・おとな大学・「継続インプロ・ワークショップ」専任講師(東京・茨城・水戸)


入岡雅人(いりおかまさと)

クラウン・ビリー

入岡雅人

http://www1.odn.ne.jp/~irioka/

1987年に日本マイム研究所入所。佐々木博康氏に師事し、クラウンカレッジジャパン第一期生。横浜野毛大道芸ふぇすてぃばる、「道化たちの時間3,4,5,6」(渋谷ジァンジァン)「パフォーマンスグランプリvol.1,2」「ビバ!ミュージカルサーカス」「静岡大道芸ワールドカップ」「天保山ワールドパフォーマンスフェスティバル」、中国杭州青少年雑技団『西湖』(シーフー)、韓国-仁川クラウン・マイムフェスティバルなどに出演。国際的なクラウンとして活躍している。

講師歴:バンタン芸術学院、足立区マイムサークルなど

横山仁一(よこやまきみかず)

劇団「東京オレンジ」主宰

横山仁一 http://oranje.jp/
早稲田大学政治経済学部経済学科卒。演出家/劇団東京オレンジ主宰
在学中に早大劇研にて堺雅人らと東京オレンジ旗揚げ全作品の構成・演出を手掛ける。「身体の衝動の連続こそが真の物語である」というシアタースポーツ的な発想をモットーに、継続的な身体訓練を行いながら、体系的なインプロヴィゼーションとディバイジングメソッドを用いた集団創作によって、東京の新しいポップスタンダードの確立を目指す。

講師歴:洗足学園音楽大学、桜美林大学、ENBUゼミナール、西武池袋コミュニティカレッジ、横浜STスポットアート教育事業講師、文化庁国語科体験事業ワークショップ講師、学習院女子大学ゲスト講師、早稲田大学演劇博物館ゲスト講師、こまばアゴラ劇場「オリジナルのワークショッ プを創る研究会」、「横浜STスポットアート教育事業」


指導方針:『Right Place, Right Answer~超攻撃的宣言!』
まずは「楽しい!」「好きだ!」「したい!」「居たい!」をみつけることに徹底的にエネルギーを使い、「正しい間 違っている」という他人の価値観に働きかける理念や理想より、自分本 位の「好き嫌い」という生きた感情や衝動を大事に育てたいと思っています。それが「しなきゃ」「すべき」→「だめです」というこの国に蔓延する"NO"の悪循環を「したい」→「やってみたら?」とい う"YES"の連鎖に変える唯一の方法だと信じているからです。                 


リサ・ブリッケル(りさぶりっける)コメディア・デラルテ指導

リサ・ブリッケル オークランド大学文学部英語/イタリア語専攻卒業。
オークランド大学院でドラマを学ぶ。その後パリのルコック・ドラマスクールでトレーニングを受け、パドゥワのキコロス・シアター・スクールにてコメディア・デラルテとクラウニングを専門に学び、イタリアのレッジオ・エミリアのアントニオ・ファヴァによるインターナショナル・コメディア・デラルテ・コースを修了。ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドなど広範囲で、講師として活躍。現在、ニュージーランド・オークランド大学とオークランド工科大学でドラマ講師をつとめている。2005年にはインプロ・ワークスの招待で東京・大阪にて、コメディア・デラルテ、ルコックシステム、クラウンのワークショップを行った。